記事詳細ページ

設計で大切にしていること・・・設計のポイント・・・

設計で大切にしていること・・・設計のポイント・・・:画像

グリーンシードハウス 建築士の安藤です(^^♪

本日は設計で大切にしていることについてお話させて頂きます。

良い家とは・・・ 理想の間取りとは・・・

皆様、どのようにお考えでしょうか?私が設計させて頂く際に大切に思うことは多々ございますが、やはり何十年と暮らしていかれるお客様の立場に立って設計することが最も重要と考えております。TVの中の素晴らしい匠や有名建築家のように奇抜に個性を発揮する事は考えてた事はございません。無駄なデザインこそコストアップ・また使い勝手の悪さにつながると考えるからです。

★お客様の理想を叶える間取りとする為に、ヒアリングは入念に行い、プランも何度でも修正させて頂いております。吹き抜けにしたい・リビングに畳コーナーが欲しい・キッチンの近くに家事室が欲しい・シューズクロークが欲しい・2階にトイレは必須・・・etc お客様によりご要望は様々です(^^♪ またインスタでよいなあと思う家の外観や内観のドア・家具・クロスの写真なども沢山送って下さいとお願いし、仕上決定の参考にさせて頂いたりしております。沢山のイメージを共有し、ヒアリングさせて頂いたお客様の事をとにかくいつも考ながら設計します(^^♪

★間取り設計するうえで大切なのは動線の無駄を省き、あるべきところに収納を設ける事と考えます。そうすることで家事・片付け・掃除にかかる時間が短縮され、ストレス軽減にもつながりますよね。家をお求めになるお客様のほとんどは共働きの子育て世代です。私自身が子育て半ばの働くママですので自分の経験にもよるアドバイスです。家事にかかる時間とストレスを少しでも減らし、皆様のお子様にかける時間が増やせる事を願っています(^^♪

★敷地の形状・接道方位・採光・雪の処理に配慮した間取りを心がけております。せっかく注文住宅で新築の家を購入したのに、雪おろしが必要だったり、雪の処理に困ったり、南東にLDKが配置できずに暗いリビングだったりしたら残念ですよね。敷地ごとに条件が違いますので、現地調査を行い土地ごとに最適な配置と間取りを提案致します(^^♪

★そして最も重要と考えるのは、安全で健康に暮らせることです。基礎や躯体の強度が保てるように、梁・柱のバランスが良くなるよう配置を考えます。また外周部の凹凸を無くし、可能な限り四角い間取りを目指します。そうすることにより必然的に気密性能や断熱性能の向上とコストダウンにもつながりますので良いことずくめです(^^♪

また、気密の性能を上げると共に使用する木材・建材・仕上材にもこだわります。シックハウスの原因になるものは徹底的に省き、FB工法で結露が発生しない・室内何処も一定温度・健康的に暮らせるきれいな空気環境を保ちます(^^♪

 

★お客様の資金計画・月の返済のご計画・ライフプランに合わせ様々にご提案させて頂きます。一生に一度のお買い物、満足のいく理想の間取りとなるようお力になれたら幸いです。無料で間取りの相談だけでも承っておりますので、お気軽にご相談にお越しくださいませ(^^♪

 

 

 

2022.07.18:[コラム]