記事詳細ページ

住宅の耐震について 〜柱と梁の金物接合の大切さ〜

住宅の耐震について 〜柱と梁の金物接合の大切さ〜:画像

みなさまこんにちは!グリーンシードハウス山形 営業担当の大場です。

今年は年始早々能登半島地震という大きな災害に見舞われましたcrying

被災された皆様におかれましては一日も早い復興を心よりお祈りしております。

最近、地震に対する不安や心配が多くなってきていますので、今回は住宅の耐震において柱と梁の金物接合の大切さについてお話ししたいと思います。

 

柱と梁とは、住宅の骨組みを構成する部材です。柱は縦方向に荷重を支える役割を持ち、梁は横方向に荷重を分散する役割を持ちます。柱と梁は木材や鉄筋コンクリートなどで作られますが、それだけでは地震などの強い力に耐えられません。そこで、柱と梁を金物で接合することで、住宅の強度と安全性を高めることができます。

 

金物接合とは、柱と梁の接合部に金属製の部品を取り付けることです。金物接合には、ホールダウン金物やアングル金物、ベースプレートなどがあります。これらの金物は、柱と梁のずれやねじれを防ぎ、地震時に発生する水平力やせん断力に対抗します。金物接合は、住宅の耐震性能を大きく向上させることができます。

 

金物接合の効果は、実際の地震被害からも明らかです。例えば、2011年の東日本大震災では、金物接合を施した木造住宅は倒壊率が0.2%以下であったのに対し、金物接合を施していない木造住宅は倒壊率が2.4%以上であったという調査結果があります。また能登半島地震で建物が倒れた状況を現地で調べた地震工学の専門家たちが、「最新の耐震基準を取り入れた作りでない建物が多く倒れていた。接合金物がないと震度6強や7の揺れに耐えられないとはっきり分かった。強い揺れに備えるには、柱や梁(はり)といった部材を金属の部品を使ってつなぎ合わせるべきだ」とする見方を明らかにしました。
このように、金物接合は住宅の倒壊を防ぎ、人命や財産を守ることができます。

 

金物接合は、住宅の耐震性能を高めるだけでなく、住宅のデザインやコストにもメリットがあります。金物接合は、柱や梁の断面積を小さくすることができるため、空間効率や採光性が向上します。また、金物接合は工期や手間を短縮することができるため、工事費用も抑えることができます。

 

以上のように、住宅の耐震において柱と梁の金物接合の大切さについてご紹介しました。金物接合は、住宅の強度や安全性だけでなく、デザインやコストにも優れた方法です。

グリーンシードハウスでは柱と梁の接合は金物工法を採用しています。JIS規格のプレカット工場から金物とセットで納品された木材を使用し、規定本数の金物が全数打ち込まれているか厳密にチェックを行ない施工管理しています。

また地中梁ベタ基礎の採用や、凸凹の少ない真四角な建物にするなど地震に強い要素がたくさん詰め込まれています。

 

そんな地震に強いマイホームをご検討中のかたは、どうぞお気軽にグリーンシードハウス山形のモデルハウスにお越しください。

ご予約のお電話お待ちしております。

2024.03.09:[コラム]